レンジ相場って?

私はあまり気が長いタイプではなく、
意外と堅実で計画的に物事を進めたい人間なので、
自分ルールというか悪く言えば「ここまでで切り捨てる」って結構決めてるのね。

融通が利かないっていうか(笑)
例えば恋人と待ち合わせしていて、あまりにも遅れてきたとして…○○まで待って
こなかったら帰る、と決めちゃうんですね。
さっくり帰宅しますよ。

でもそういうタイプの人間って株とかFXとかって向いてると思う。

「ここまで下がったら動く」っていうのをしっかり決めて取引ができると思うんだな。
迷いがないというか、無駄がないというか。

実際人間関係においてそれが良いとは言えないけど、
金銭取引において結構重要な素質だと思うのだよ。

実際FXでは「レンジ相場でのトレードルール」を
自分なりに決めておくことが重要とされているので
「自分ルール」を持つ私には考えるのも楽しく、
かつ無駄のないルールを決めることができる気がする。

そもそもレンジ相場とは、相場の上がり下がりの幅が一定になっている
状態を指し(ボックス相場とも言う)レンジ相場が続くと、
その後には大きく相場が一方向に動く場合が多いことで知られている相場の動きのことを言います。

なのでここで重要なのが「どこで手を打つか」というところね。
それをちゃんと自分なりに決めておいて冷静に判断する、
そうやってしっかりとレンジ相場でのトレードルールを定めて
迷わずにトレードするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です